髪の健康

薄毛、白髪の改善など髪の健康問題

美容院で人気芸能人と同じ髪型に…
ヘアカラーで印象をバッチリ!!
高級シャンプーで毎日お手入れ

 

こうして考えてみると、現代人の髪へのこだわりは半端なものではありません。
前髪をちょっと切っただけでも印象はガラリと変わりますし、色を少し茶色くすれば全体が明るい印象になります。

 

1回の美容院で1万円前後の出費があったとしても、それは仕方のないことなのかも。
自分をおしゃれに…キレイに見せるためには安い出費に思えてきますね。

 

それは、髪の毛の問題への深刻度にも同じことがあてはまるのではないかと思います。
少しでも気に入らない髪型になると、前日に美容院に行ったばかりでも、再び髪を切ろうとしますし、色にしても同じです。

 

そして、簡単には解決できない問題も…。
髪の毛が理想とはかけ離れていても、体に影響があるわけではありません。
しかし、多くの人は自分の中で一番か二番目に解決したい問題だという認識を持っています。

 

そんな髪の毛の健康を害する問題。
世の中の流れを見ていると「白髪」と「薄毛」の2つに絞られるのではないかと思います。

 

男性

 

この2つは別々の問題として語られることが多いです。
現に、白髪が増えやすい人は髪の毛が多く薄毛になりにくい傾向があるようです。
また、薄毛に悩んでいる人は髪の毛が真っ白になるほど白髪が出て来ることはあまりありません(若い内は)

 

なので、白髪組と薄毛組というようなグループ分けが自然とされていて、それぞれに対処法があるようなイメージです。
ただ、この2つの問題…本当に別問題なのでしょうか。

 

 

白髪と薄毛の個別対処法

上記の2つは、確かに類似しない対処法もあります。
正しいかどうかは別にして。

 

例えば、白髪であれば圧倒的に白髪を染めようという人が多いでしょうし、薄毛であれば育毛剤を連想する人が多いと思います。
それは、「髪を黒くする」「髪を増やす」というそれぞれの目的があるからです。

 

白髪染めでいうならば、その種類はもちろんのこと、色数や使い方まで色々な商品があり、品薄で困るということはありません。いつでもどこでも手に入るモノになっています。一方の、薄毛はミノキシジルを始めとした、髪を生やすための商品が主流。こちらも商品数はたくさんあって、どれを使うべきか悩むほどです。

 

このように、代表的とも言える別々の問題・別々の対処法があるわけですが、それだけで十分なのでしょうか。

 

健康な髪の毛ということで考えると、その対処法は似通ってきたりもするものです。
正常な髪の毛・頭皮に戻すという目的。

 

若い頃は、多くの人が薄毛が気にならないほどの十分な毛量を確保して、髪の毛の色もしっかりと付いていました。
それが年齢を重ねるに連れて、徐々に問題が表面化してくるわけです。

 

健康な頭皮こそ最優先で手に入れたいもの

どちらの問題を解決するにしても、まず必要なのは健康な頭皮です。
これは、髪の健康を考える上で最も大切といっても過言ではないもの。

 

もちろん、白髪染めや育毛剤など個々の対処法を実践しながらで良いのですが、この健康な頭皮を手に入れるための対処も必要なのではないかと…。

 

まぁ、育毛剤については髪の健康を考えたものと言えるのかもしれません。
白髪染めも、ダメージを少なくするという試みが流行っているようですが、大ダメージ⇒小ダメージを実現することが可能であれば、髪の健康にとってはプラス。

 

ただ、これらのことは、どちらも体の外側からの対処なんですね。
髪の毛というのは、体の外に出ているため、そこからの対処を思い浮かべることが多いです。

 

シャンプー・コンディショナー
整髪料
ドライヤー

 

少しでもキレイな髪を手に入れるために役立つアイテム…全部外側からの対処道具と言えます。

 

 

しかし、よーく考えてみると、髪の毛というのは毛根が頭皮にくっついて、そこから体の中に入っているものです。
つまり、体の内側から健康を手に入れるための対処も必要だということ。

 

髪の毛は毛根から送られる栄養で成長します。

 

ビタミンやタンパク質…日々の健康を考える上でこれらは欠かせません。
体調が悪くなったときなどは、特に摂取する栄養には気を使いますよね。

 

しかし、頭の場合はあまり気にする機会がないのではないでしょうか。
これは、頭皮・髪の毛に感覚がなく(鈍く)、その重要性に気づきにくいからです。

 

逆に、それに気づくことができるとどうなるか。
少しずつ頭皮・髪の毛の状態も変わってくる可能性が。

 

実際にやっている人もいるようですが、結構な我慢比べ。
変化を感じるのに1年以上かかることも珍しくないようです。

 

 

白髪を治す・白髪を減らす方法|40代から始めた本当の白髪対策

 

日々の生活で健康に気を遣うように、頭皮にも気を遣うことが実は大切なのかもしれません。

 

 

 

齢臭の原因とも言えるノネナールは、30代になると増える傾向があるなんて言われます。なので、30歳を超えると「今は大丈夫でも、そのうち加齢臭漂う人間になるから、今のうちに対策しておこう…」なんて言われるわけです。ただ、個人的な感想を言うのならば、本格的な加齢臭被害は40代になってからではないか…と思っています(私とその周辺の人間を対象にした感覚ですが…)。もちろん、40代になったからと言って、加齢臭を消すことができないなんてことはありません。重要なのは、加齢臭発生の原因やそれを取り除く対策を知ることですので…。■ 基本的な加齢臭の発生過程加齢臭が発生するのは、「ノネナール」という物質が原因と言わ...
2016/11/10 21:25:10 |
サラサラで潤いのある髪の毛が欲しい。健康な髪の毛について考えていると、どうしても見た目のことを優先的に思い浮かべるケースは多いと思います。もちろん、それも大切なのですが、清潔感も大切。つまりはニオイです。ニオイについては、使用するシャンプーやコンディショナー、ヘアミルクの香りが重要になります。ただ、それ以前に髪の毛が匂ってしまう状態だと意味がありません。不衛生にしていなくても、臭ってくる可能性があるので要注意。特に年齢を重ねると加齢臭という大敵が出現するので、それなりの対処が必要になります。やっかいなのが、加齢臭の元になるニオイはただ洗えばそれでOKとならないところ。皮脂が大きく関係してくるの...
黒 い石鹸というと、何だか体が汚れてしまいそうですが、加齢臭や体臭を取り除く必須アイテムとして注目を集めています。もちろん、それは着色をしているわけではなく、ある成分を配合しているからで、これがものすごく効果を発揮するものなんだとか…。BB BLACK ONEも、そんな黒い石鹸のひとつですが、黒いから全て同じ成分とは限りません。BB BLACK ONEに配合されている秘密の成分…希少価値も高く効果が期待できる成分…注目です!!ブラックシリカが加齢臭に喝!!BS BLACK ONEでできる加齢臭対策まとめBS BLACK ONEは黒い石鹸。色が黒い理由はブラックシリカを配合しているから。はてさて...
『加齢臭対策って…結局何をすればいいの?』これって結構悩む部分ですよね。何しろ加齢臭というのは、得たいの知れないもの。『臭い』という目の見えないものであることに加え…どこから発生するのかわからないのはやっかいです。脇や足など、目星のつけやすい体臭とは違い、対処が極めて難しいものだと思い込んでしまいがち。『長続きしそうにない…』『私は面倒くさがり屋だ…』こんな場合に手軽にできる加齢臭対策は以下の3つです!!まずはシンプルに石鹸を変えましょう|生活習慣を変えずに加齢臭対策ができます!!加齢臭対策として最初にやるべきこと…個人的には、石鹸を変えることが断然ラクだと思っています。その理由は、生活習慣を...
2016/04/16 16:23:16 |
年齢を重ねると、体の色々な部分が気になってくるもの。昔に比べると、ちょっと体を動かしただけで筋肉痛になったり、肌のたるみやシワなど、見た目も気になることが増えてきますよね。そんな中でも、髪の毛に関する心配事はいくつもあり、多くの人が何かしらの悩みを抱えている部分と言えるのではないでしょうか。髪の健康というと大げさですが、年齢にも負けず理想の髪を保つためには何が必要なのか…ちょっと考えてみました。髪の毛はあまりケアされない体の部位?「何だか…歳を取ったわぁ~」加齢による疲労や体の衰えを感じた時には、何かしらの対策をしますよね。体が鈍ってきたと思えば、ジョギングやウォーキングをしたり、エイジングケ...
2015/11/03 19:51:03 |
髪の毛が白くなっても、それを改善することはできるとのこと。信じる人と信じない人がいると思いますが、実際に白髪が治ったという人の体験談を見つけることもできます。まぁ、個人差もあると思うのですが…。ただ、白髪を黒くしたいと思い、実行するかどうかは迷うところです。その理由は、改善するまでに長い時間がかかるからで、数週間で白髪が治る方法は確立されていないようです。栄養ドリンク的なもので白髪に栄養を白髪を治した人がやっていたことの中で、ひときわ気になったのが髪の毛に栄養を与えるために、ドリンクを飲んでいたということです。髪に必要な栄養分を補うということで、髪への直接的な処置ではなく、内側からの栄養補給と...
2015/10/18 01:07:18 |
一度白髪を染めてしまうとやめられなくなる…こういう人は多いのではないでしょうか。白髪の特徴としては、色が違うということもありますが、それ意外にもいろいろなものがあるからです。白髪と普通の髪の違い色だけではなく、銀色に光ってギラギラ感が強いサラサラ感がなく、縮れていることが多い抜けやすい白髪になることと、毛根が弱いことの関係ははっきりしていませんが、抜け毛が多いという人も多いようです。【CASE】若いころから抜け毛がひどく、家族にも心配されていた。家で床に抜け毛が落ちていると、必ず私のものでした。特徴としては、頭皮がブヨブヨした感じで、抜け毛はそのせいだと思っていました。その頃、白髪はありません...
2015/10/06 11:12:06 |
髪が薄くなっていると気づいた場合、どのような対処方法があるでしょうか。育毛剤など市販の薬剤を使うことを思いつく人が多いのではないかと思います。ただ、最近では薬に頼るのではなく、相談するという選択肢もできるようになっていますよね。育毛の技術が進んだことによって、髪の毛のことを相談できる機関も増えていますし、「植毛」なんていう髪の毛を植えこむ技術まででてくる始末。まぁ、それなりにお金はかかりますが、これはこれで素晴らしい技術だと思います。特に自毛植毛という自分の髪の毛を植えこむ方法は、毛根ごと移植するため、植え付けた後も(自分の毛根なので)成長し続けるのだとか。特に男性の場合には、薄くなるところと...