髪のニオイ

ニオイ対策もできる有効成分って?

臭う

 

サラサラで潤いのある髪の毛が欲しい。健康な髪の毛について考えていると、どうしても見た目のことを優先的に思い浮かべるケースは多いと思います。もちろん、それも大切なのですが、清潔感も大切。つまりはニオイです。

 

ニオイについては、使用するシャンプーやコンディショナー、ヘアミルクの香りが重要になります。ただ、それ以前に髪の毛が匂ってしまう状態だと意味がありません。不衛生にしていなくても、臭ってくる可能性があるので要注意。特に年齢を重ねると加齢臭という大敵が出現するので、それなりの対処が必要になります。

 

やっかいなのが、加齢臭の元になるニオイはただ洗えばそれでOKとならないところ。皮脂が大きく関係してくるのですが、洗顔と同じでゴシゴシと徹底的に落とすと逆に分泌量が増えてしまい、ベタベタの頭皮になってしまいます。それを避けるために効果的な成分があるので、それを上手く活用することが大切です。

 

銀イオン

銀イオンって、制汗剤などのニオイ対策商品によく使われていますよね。実際のところ、効果はどうなんでしょうか。使われている商品は結構多いので、気になっている人も多いのではないでしょうか。たくさんの商品に使われるということは、それなりの効果が期待できる証拠とも言えます。ただ、効果があると言っても具体的にどんなものかを知るのは、私たち素人にはなかなか難しい話。

 

そこで、銀イオンの効果を知るための面白い記事があったので、ちょっとご紹介を。「銀イオンで臭いを消してくれる~」と期待したいところですが、主な効果は少し違うようです。

 

消臭よりも殺菌

銀イオンに期待できることは、臭いそのものを消すというよりは、殺菌するという能力のようです。まぁ殺菌できるから臭いを消す役にも立つとは思うのですが、銀イオンの他にも消臭をメインとする成分を配合している商品の方が、効果が高いのでしょうね(あくまで、菌の繁殖を防ぐことにあるので…)

 

で、その殺菌についてですが、これが半端ではない程すごいのだとか。多くの商品に使われている理由もこれに由来するのでしょう。殺菌することができるということは、それだけ刺激が強くて人体にも影響があるのでは?と思ってしまいがちですが、銀イオンは人体に無害ということも注目されている理由のひとつのようです。

 

 

銀イオンの殺菌力のすごさ

殺菌すると言っても、これがなかなか難しいもの。というのは、菌にも色々な種類があるわけで、ひとつの成分で全ての菌をやっつけることなんてできないからです。菌自体が目に見えない程の大きさなので、なかなか実感がわかないところですが、ニュースなどで頻繁に耳にするのは「レジオネラ菌」「ブドウ球菌」「サルモネラ菌」などでしょうか。

 

菌はそれぞれに人体に悪影響を及ぼすわけで、その症状も違います。ところが、銀イオンは、これらの菌の多くに殺菌効果があるということで、その汎用性が注目されています。

 

 

銀イオンの種類

巷に売っている商品には「銀イオン配合!!」みたいな感じで、とにかく銀イオンが入っていることをアピールするような記載が多いです。ただ、同じ銀イオンでも色々なものがあり、どれを使うかによって違った結果になるようです。

 

主なところで言うならば「銀系抗菌剤」「銀イオン水」「銀ナノコロイド」でしょうか。この中で、銀ナノコロイドを上手く活かして加齢臭を防ぐ為に開発された商品が面白いです。

 

 

竹炭

竹炭

齢臭に効果的な成分は色々あるのですが、竹炭の一番の効果は、臭いを消すこと・取り除くことと言われています。「臭いを取り除くなんて、普通のボディソープで十分でしょ?」と思うかもしれません。ただ、竹炭の場合は、皮膚表面の臭いだけではなく、毛穴の中の臭いを取り除く効果が期待できる…という所に違いがあるわけです。

 

これは、竹炭が高い吸着力を持っているからできることであって、その辺の香料・化学成分たっぷりのボディソープではできないこと…。加齢臭に限らず、体の臭いが気になっているなら、真っ先に試してみる成分と言えます。

 

竹炭を使った商品はめちゃくちゃ多い

竹炭が加齢臭に良いというのは、意外かもしれません。しかし、竹炭という成分に絞って検索してみると、驚くほど多くの商品があることがわかります。

 

個人的に印象的だったのが、炭を使った洗顔(竹炭かどうかは不明ですが)。黒い色の洗顔料で「これで汚れなんて落ちるのかよ~」なんて思った記憶があるのですが、今では洗顔やシャンプーはもちろんのこと、炭マスクや歯磨き粉、枕や洗剤など色々なものが商品化されています。どれも臭いを防ぎたいものであることは明白ですし、効果がなければ竹炭を使う必要性のないものであることがわかります。近所のスーパーやドラッグストアでは品数が少ないかもしれません。しかし、これらのお店で売っているものが満足度が高いかというと、「フツー!!」ですよね。これを機会に石鹸だけではなく、色々と物色してみるのもいいですよ。

 

 

竹炭にちょっとこだわりを

竹炭が良いものであることは前途の通りです。では、竹炭ならば何でもいいか…というとそんなこともありません。こと加齢臭について言うならば、その粒子がどのくらい細かいかということが重要になり、細かい粒子を作れるものほど上質な竹炭ということになります。

 

つまりは、竹炭だから良い…という考えるのではなく、もう一歩踏み込んで、より上質の竹炭を使い、なおかつ加齢臭を取り除く為の研究をしている会社がオススメ。この方が加齢臭撃退の期待値も高くなるというものです。

 

竹炭の加齢臭撃退効果

細かい粒子を作ることができれば、竹炭成分が毛穴の奥の奥まで入っていくことができるので、吸着できる加齢臭の量が多くなります(もちろん、しっかり石鹸を泡立てることは必要)。体を洗ってその後はずっと仕事…ということを考えると、新たに加齢臭が作られて臭ってくる可能性は十分に考えられます。なので、出来る限りお風呂で体を洗う時に、加齢臭を取り除いておくことが臭わない男になる為に必要…というわけです。

 

この竹炭の効果は、最近注目されているようで、実際に竹炭を配合して石鹸を作っている会社もあります。ただ、その力の入れ具合には差があるようで、どうせなら徹底的に研究している商品を使う方が良いのは当たり前。というわけで、AGICAの竹炭がオススメ。石鹸というと髪の毛に使えないイメージがありますが、全身洗えるように作られているものもあるので、意外と重宝するのです。

 

また、体の外側からではなく内側からニオイの対策ができるサプリメントも有力候補。臭ピタなどは結構有名です。制汗剤などでは体に使うことはできても、頭皮には無理という場合は多いです。サプリメントで内側からの根本対策をするのも良いかと思います。