加齢臭

40代になって加齢臭対策をしても手遅れ…ではない!!

齢臭の原因とも言えるノネナールは、30代になると増える傾向があるなんて言われます。なので、30歳を超えると「今は大丈夫でも、そのうち加齢臭漂う人間になるから、今のうちに対策しておこう…」なんて言われるわけです。

 

ただ、個人的な感想を言うのならば、本格的な加齢臭被害は40代になってからではないか…と思っています(私とその周辺の人間を対象にした感覚ですが…)。もちろん、40代になったからと言って、加齢臭を消すことができないなんてことはありません。重要なのは、加齢臭発生の原因やそれを取り除く対策を知ることですので…。

 

■ 基本的な加齢臭の発生過程
加齢臭が発生するのは、「ノネナール」という物質が原因と言われています。そして、このノネナールが発生する過程は、年齢を重ねる毎に皮脂の中に「9-ヘキサデセン」という脂肪酸が増え、それが、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と結びついてできるそうです。

 

この成分も重要だとは思うのですが、注目すべきは年齢を重ねる度に、皮脂の中にノネナールの原因となる脂肪酸が溜まりやすくなってしまう…ということです。脂肪酸が溜まりやすいと言ってもイメージしにくいので、簡単に書くと、皮脂の汚れに、空気中のバクテリアが繁殖・発酵することによって、皮脂が酸化してしまう。それが加齢臭の原因になってしまう…ということです。

 

 

 

■ 40代で加齢臭が増える原因
前途のことから考えると、年齢に関係なくノネナールは発生してしまうということになります。しかし、実際に臭いが気になり始めるのは、40代に入ってからということを考えると、40代特有の原因を考えていかないといけません。

 

40代になると加齢臭の原因となる物質が溜まりやすくなると書きましたが、溜まりやすくなるのはなぜなのか…その理由は…ズバリ老化です!!

 

肌は色々な弊害から体を守る抵抗力を持っているわけですが、この抵抗力が弱っていくのが40代から…という人が多いのではないかと…。肌の抵抗力が弱まると、皮脂汚れが溜まりやすくなります。そうすると、若い頃はどんなボディーソープを使っても、体臭なんて気にならなかったのに、40代になると臭ってきたという事態に陥ってしまうというわけです。

 

 

思えば、40代というのは一番大変な時期ですよね。会社でそれなりに出世して、経済的には若い頃よりは楽になっているかもしれませんが、その分責任も重くなり、ストレスも大きくなります。このストレスというのは、皮脂の分泌に大きく関わるようで、加齢臭の原因であるノネナールの発生に大きく関係してくることを考えると、「加齢臭」と「40代」というのはある意味セットになっているのかもしれません。

 

ただ、逆に言うと、40代になると自動的に出てくる避けられないものではなく、対策をすれば改善できる可能性は高いので、実践してみる価値は高いと思います。もちろん、始めるならば楽なことから…。

 

 

体の臭いは香水をつければバッチリって思うのは危険

人とすれ違った時に「クサッ」と思ったことはないでしょうか?そんな臭いを自分も周囲に振りまいてしまっているかも…と思えば、体臭の問題の大きさがわかるというもの。そんな体臭の対策として香水を…と思っている人も多いと思います。

 

ごく自然な発想です。嫌な臭いが体から出ているのであれば、それ以上の良い香り(香水)で紛らわせることができれば問題解決なわけですから。しかし、香水では体臭をゴマかすことができない理由がいくつか存在します。

 

 

ポイント1: 香水に消臭効果はない、香水+体臭になってしまう

香水に消臭効果はありません。なので、香水をつけてもその上から体臭や加齢臭が漂うという結果になります。それが、どんな臭いになるのか…というのは、香水と体臭の量にもよりますが、一番怖いのは、2つの臭いが混ざって、さらに強い悪臭になってしまうということです。

 

香水の付け方を解説した雑誌などでも、香水は清潔な肌につけることが必ずと言っていいほど書かれています。これは、汗や菌と混ざって悪臭になる危険性があるからです。この状態で時間が経ったら…と思うとゾッとしますよね。香水は体臭に効果があると言っている人もいるようですが、あくまで体臭をマイナスにするものではなく、上からかき消すものです(体臭と混ざるリスクを伴います)

 

 

ポイント2: 香水は全身に付けられない不安定な香り

香水は全身につけるものではなく、基本的につける場所が決まっています。基本的には耳の後ろや手首、足首などが有名ですよね。もちろん、やろうと思えば全身に振りかけることはできますが、汗と混ざって、それこそ悪臭発生の原因になってしまいます。

 

また、時間と共に香りが変わってくるため、安定して体臭を防ぐという効果とは程遠いです(体臭を防ぐ目的で使わなければ、その変化は香りを楽しむ為に有効なのですが…)。いずれにしても、ただつければいいというものではなく、香水自体の香りの強さやつける場所など、意外と多くの注意点があるわけです。

 

 

ポイント3: 良い香りでも強すぎるのは受け入れられない

好き嫌いはあるにせよ、香水というのは基本的に良い香りです。しかし、香水の瓶に顔を近づけたまま、ずっと香りをかぎ続けていれば気分が悪くなります。つまり、良い香りでも、強すぎると受け入れられないわけです。香水の香りが強すぎるオバちゃんに会ったことはないでしょうか?また、香水の香りがガンガンする人に対し、ナルシストっぽい印象を持ったことはないでしょうか?

 

まぁ、これは私の個人的な感想でもありますが、強すぎる香りというのは受け入れ難いものがあると思います。実際に社会においても、強すぎる香りというのは嫌われる傾向にあります。ほのかに香る程度が適量…そうなると体臭・加齢臭を防ぐどころではありません。やはり臭いは誤魔化すよりも、消すことに専念した方が良さそうです。もちろん、消した上で香水のほのかな香りを楽しむというのは全然アリですが…。

関連ページ

加齢臭を抑えるには?
『加齢臭対策って…結局何をすればいいの?』これって結構悩む部分ですよね。何しろ加齢臭というのは、得たいの知れないもの。『臭い』という目の見えないものであることに加え
BS Black One
BS BLACK ONEの効果はどのようなものなのでしょうか。配合成分と加齢臭にどのくらい実用性があるのかまとめました。