白髪 生え方

白髪の生え方で健康の良し悪しが分かる?白髪と健康…部分別の問題点について

 

白髪の生え方

 

 

「やばい…こんなところに白髪が…」
黒い髪の毛の中に白髪を見つけるとショックという人は多いと思います。色が違うので1本・2本の少ない本数でもすぐに見つかる白髪。つまり、周りから見たときにも目立つ可能性が高いということになります。

 

白髪がある=老けて見えるという漠然としたイメージしか持っていないわけですが、実はどこに白髪が生えているかで、健康上の状態が分かるのだとか。まぁ、医師の診断みたいにハッキリとしたものではありませんが、心当たりがあるケースも結構あるとのこと。

 

そんなわけで、今回は白髪の生え方と健康問題についてまとめてみたいと思います。

 

そもそも…白髪の原因って何なの?

まずは、白髪ができてしまうそのものの仕組みについて。

 

白くなってしまった髪の毛と黒いままの髪の毛。その違いは色です。つまり、体の中で何らかの変化が起こり白髪ができてしまうと考えるのが自然な流れ。実際にこの問題には、メラノサイトという色素細胞が関係しています。

 

メラノサイトから生み出されるメラニン色素…これが白い髪の毛に色をつけていく役割を担っているわけですが、この機能が正常に作動しなくなると白髪が出現してしまうと言われているんです。つまり、髪の毛は元々は色のついていない白髪ということにもなります。

 

日本人であれば、「黒系の髪の毛が普通」という人がほとんど。ただ、欧米の人であれば金髪の人もいますし、アッシュ系の人もいます。これはメラノサイトがどのくらいメラニン色素を生み出すかによって決まっていて、遺伝子的な影響が大きいです。

 

ただ、それ以外の要因でメラノサイトがメラニン色素を作れなくなってしまう…。これが白髪になってしまう原因と言えます。その原因として「老化」が最も認知度が高いのではないかと思いますが、それ以外にも原因はあると言われています。

 

その最たる例がストレス。ストレスを感じることによってメラノサイトが弱ってしまったり、消えてしまうことで髪に色を付けるメラニン色素もなくなってしまう。結果として白髪が出てきてしまうというわけです。

 

白髪が増えてしまうストレスなので、頭皮に対するものに限定されると思いがちですが、実は違う。ここが白髪の生え方に関係するポイントになります。

 

白髪は内蔵の状態に影響される

漢方の分野でよく言われるのが、白髪と内臓の状態は直結しているというもの。外部からの頭皮に対するストレスではなく、内蔵の状態が頭皮に影響して結果として白髪が出てくるというものです。

 

一見「なんじゃそりゃ?」と思ってしまうのですが、内蔵も頭皮も体の内部では繋がっていると言えます。特に、栄養を送る血管は内蔵だろうと頭皮だろうと関係なく、体の至る所に張り巡らされているわけです。

 

内蔵が弱って普段よりも多く血を必要とする状態なら、頭皮へ送られる血が少なくなる…みたいなイメージでしょうか。そして興味深いのは漢方の分野では、その影響がきちんと体系化されているということです。簡単にまとめると以下のような感じ。

 

白髪の生える場所と体の不調箇所事例

  • 生え際・こめかみ…眼精疲労
  • 頭頂部…胃など消化器系の不調
  • つむじ…心臓・肺の不調
  • 耳の後ろ…聴覚障害

 

白髪を見つけたら生え方も気にしたい

上記のことから、白髪を見つけたら「老けて見える」と悲観するだけではなく、その生え方を見たほうが良いということになります。どこに白髪が出てきたかで、調子が良くない(悪くなりかけている)箇所がわかるからです。

 

ハッキリとした病気になっていなくても、白髪の生え方から健康状態を把握することができれば、生活の改善に役立てることができます。しっかりと休みを取る・ストレスを解消する・食生活を見直すなど、ある程度具体的なことまで予測できるのがメリットですね。

 

外部からのストレスも

白髪の生え方と内臓の関係について述べてきました。ただ、すべての白髪が内蔵不調の影響を受けているわけではないということも知っておくべきかもしれません。

 

冒頭で述べたように、白髪が出てきてしまう原因はメラノサイトが弱ってしまうから。場合によっては外部からの刺激で、このメラノサイトが影響を受けるということもありえます。例えば、紫外線です。

 

髪には頭皮を守る働きもあるわけですが、分け目を作るヘアースタイルの場合、頭皮が日光に直射され紫外線の影響を受ける可能性もあります。

 

白髪の生え方|対策はどうすればいい?

 

リラックスすることが大切

 

メラノサイトを活性化させるために必要なもの…それは栄養です。つまり、頭皮に十分な栄養を送ってあげることが対策の1つと言えます。食生活に気をつけることはもちろん、頭皮にしっかりと血を送ってあげること。

 

・頭皮マッサージ(頭皮の血行促進)
・日々の生活の改善(血そのものを増やす)

 

上記の2つを少しずつやることが効果的かと。
もちろん、白髪の生え方から個別の問題を見つけ出して改善に取り組むのも良いと思います。

 

白髪の生える箇所は、目立ちやすいところかどうかを気にしてしまいがちですが、実はそれ以外にも体のどこが不調になっているか教えてくれるサインでもあるということ。それを知っておくことが大切だと思います。

 

何だか、白髪って奥が深いですね。

 

関連ページ

髪の毛の問題
髪が薄くなっていると気づいた場合、どのような対処方法があるでしょうか。育毛剤など市販の薬剤を使うことを思いつく人が多いのではないかと思います。ただ、最近では薬に頼るのではなく、相談するという選択肢もできるようになっていますよね。
白髪染めにハマる
一度白髪を染めてしまうとやめられなくなるという人の多いのではないでしょうか。 白髪の特徴としては、色が違うということもありますが、それ意外にもいろいろなものがあるからです。
白髪を治した人の話
自分をよりキレイに見せたい、かっこ良く見せたいと思うのは当然のことです。そのために、人は色々なケアを自分に対して行うわけですが、最近は、髪の毛に関する対策が増えているような気がします。対策が増えているということは
髪の健康を気遣うならやっぱり食べ物!!
自分をよりキレイに見せたい、かっこ良く見せたいと思うのは当然のことです。そのために、人は色々なケアを自分に対して行うわけですが、最近は、髪の毛に関する対策が増えているような気がします。対策が増えているということは